神獄のヴァルハラゲートの人気がすごい!

神獄のヴァルハラゲート

 

 

様々な漫画家や、イラストレーターなど、豪華なスタッフがカードのイラストを手がけている事でも話題の「神獄のヴァルハラゲート」だが、それだけじゃない。
1日の間に何度か定期的に行われるギルド同士のバトルでは、連携が物を言う。
形勢が悪くても、究極奥義で逆転を狙え。
戦いに勝ち残った者だけに開くと言われている【聖域の扉】。そして、数多くある聖域を制し、全ての頂点に君臨するのだ!!

 

「神獄のヴァルハラゲート」とは、GREEで株式会社グラニが提供しており、凄い勢いで累計登録者数が100万人を突破した、話題の大人気のソーシャルゲームである。
ヴァルハラゲートを通じて集まる世界「ヴァルヘイム」というところを舞台にし、ヴァルハラゲートの開門を目指して戦うリアルタイムバトルゲームだ。
バトルゲームとはいっても、このゲームは個人戦ではない。ギルドというチームのようなもので戦いを繰り返していく。
仲間の動きを見て、どのタイミングで技や奥義を使うか、連携が勝敗を左右すると言っても言い過ぎではないだろう。
ある程度決められているとはいえ、自分の都合の良い時に、リアルタイムバトル(聖戦)に参戦し、ギルドのメンバーと一緒に戦う。
30分でより多くのダメージを与えたギルドが勝つというシステムで、前衛5人、残りは後衛でバトルを行う。
戦いで得た経験値を貯めると、レベルが上がる。ジョブレベルを上げ、更に戦いで活躍できるよう、奥義を手に入れよう。
勝利した者だけが、「聖域の扉」を開け、次のステージへと進むことができる。

 

実力のある方々が描き出すカードのイラストも、見ていて飽きない。非常に多くのカードが存在する。

 

基本的にはクエストを進め、カードを集め、強化したりというのが大筋だろう。そこにギルドでのバトル等の要素が入り、ゲーム自体を盛り上げている。

 

貴方は聖域を制覇し、全ての頂点に登ることができるだろうか?